クレジットカードの旅行傷害保険で補償してもらえる事故・損害は?

■クレジットカードには保険が自動的についてくる

 クレジットカードの機能を見ていると、決済機能やポイント機能だけでなく、保険の機能がついているカードもあります。これらは別途で申し込みが必要というわけではなく、カードの会員になれば自動的についてくることが多いようです。なかでも最も多いのは旅行傷害保険でしょう。国内あるいは国内外の旅行の際に役に立つ保険です。

 特に海外ではちょっとした怪我や病気にかかったりすると、その治療費が100万円以上になってしまったというのは珍しい話ではありません。そのため、海外旅行へ行く前には保険やで海外旅行保険をつけてもらうのが一般的です。しかし、クレジットカードに旅行傷害保険の機能が付いていれば、そのカードを持っていくだけで保険の適用を受けることが出きます。とっても便利な機能なのですが、気になるのはその内容ですよね。

■旅行傷害保険はどんな内容

 保険の中身を見てみると、最大で2000万円の保障などと書かれていたりします。しかし、当然ながらどんな怪我や病気でも2000万円の補償を受けることができるわけではありません。最大補償額は死亡事故が発生した際に受けられる金額であることが多いようです。ではどのようなときにどれくらいの補償を受けることができるのでしょう。

 海外旅行中に交通事故にあったり、風邪や盲腸で治療、入院、手術などが必要にあった場合は障害、疾病治療費を補償してもらえます。だいたい100万円~200万円くらいの補償が相場のようです。また他人にけがをさせてしまったり、誤って店の品物を壊してしまった場合には賠償責任を補償してもらえます。こちらは最大で2000万円ほどの保障を受けることができます。交通事故で相手を志望させてしまったというケースであれば最大額を補償してもらえるようです。ほかにも身の回りの品が盗難にあったり、破損してしまった場合には携行品障害を補償してもらえます。1回の旅行に付き20万円まで補償してくれます。

■補償費は合算できる

 なんと補償料はカードごとに合算してもらうことができます。例えば、治療費の補償料が100万円のカードAと200万円のカードBをもって海外旅行へ行ったとします。そして旅行先で入院してしまったときに、受けられる補償料は2枚のカードを合算した300万円となります。死亡補償だけは合算してもらうことはできませんが、それ以外の補償料は合算して受け取ることができます。実際に海外で病気になってしまうと100万円程度では足りなくなってしまうことがほとんどです。1枚分の補償料では足りないことも多いため、2枚以上のカードを持っていくことをお勧めします。

 また自動補償と利用補償に分かれていることにも注意です。自動補償であれば、特に何もしなくても補償を受けることができますが、利用補償であれば、旅費をカードで支払うなどの条件付きとなります。事前に確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>