クレジットカードのパスワード変更・暗証番号管理で犯罪ブロック!

■暗証番号を変更しないのは危険!?

 銀行口座やその他会員サイトなどでも定期的な暗証番号・パスワードの変更を推奨されます。ひょんなことから第3者にパスワードなどを知られてしまうと、悪用されてしまう危険性があるため、暗証番号は定期的に変更しなければなりません。自分は番号を他人なんかに教えないから大丈夫だという人も、どんなどころで抜き取られているかわかりませんよ。

 クレジットカードも例外ではなく、定期的な変更を推奨されています。とりわけクレジットカードに関しては、少し前にスキミングという犯罪が流行ったように、カードの情報を抜き出す専用の機械まであります。ほかの暗証番号と比べてもリスクが高いのです。スキミングとはクレジットカードの磁気記録情報を不正に抜き出す犯罪です。スキマーと呼ばれる特殊な機会を使用してカードの情報を抜き出し、別のカードに上書をして偽物のカードを作成したりして、不正使用をします。この犯罪のもっとも怖いところはカード自体が盗まれるわけではないため、不正利用されるまでは全く気付かないというところです。もし不正利用が少額で少しずつ勝手に利用されていた場合は、明細をまめに確認するような人でなければ気づくことができないでしょう。

■暗証番号を変更するには

 このように気づかない間にカードの情報を抜き出されているため非常に厄介な犯罪です。どこで抜き出されているか分からない以上100%の防犯をすることはできません。しかし暗証番号を定期的に変更することで不正利用を防ぐことは可能です。

 暗証番号を変更するには、カード会社のホームページや電話などで問い合わせをします。会員サイトなどがあれば、そちらで変更することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>