なぜクレジットカードの裏面にサイン・名前の記入が必要なの?

■サインは絶対に必要?

 クレジットカードが手元に届いたら、まず最初にしなければならないことがあります。それは裏面に署名をすることです。まだやっていないという人も多いのではないでしょうか。とくにネットショッピングを中心にしている人は署名の必要性を感じる場面も少ないですしね。
 しかし、本来は必ず署名をしておかなければなりません。カードの裏面にも署名のないカードは使用できませんと書いています。この署名はカードをお店などで使う場合に本人確認に使用されます。カードで支払いをする際に必ずサインを求められます。そのサインと署名の筆跡を比べて本人確認を行っています。しかし、効果としては気休めのようなもの。本人もお店側の必要ないと思っているかもしれません。

■署名がないと余計なトラブルになることも

 しかし、海外では署名のないカードは例外なく使用することはできません。海外ではクレジットカードはステータスとしての色が強いです。署名のないカードは本人のものであると証明することができず、使用することができません。もし使用できたとしても、署名をしていない人はその程度の規約も守れないような人なのかというレッテルを張られることもあります。今後は店の使用を断られてしまうことも。
 また署名のないカードは傷害保険などが適用されなくなったり、盗難や紛失によってカードを不正利用された際でも本人のものであると証明することができないため、補償を受けることができなくなったりします。ちょっとした手間をかけるか書けないかで、今後の人生に大きな影響を与えてしまう可能性もあるのです。

■ローマ字でも漢字でも

 署名をする際に迷うのは、漢字でも大丈夫なのか、それともローマ字で署名すべきなのかということですね。これに関してはどちらでもいいといわれています。買い物をする際に同じサインをすることができれば大丈夫です。もし海外で使用することが多いのであれば、ローマ字で記入しておくことをお勧めします。